奥地建産株式会社

先輩紹介
  • 三重工場 工場長 馬渕義弘
  • 生産購買部 部長代理 岡田司
  • 営業開発部 営業第二課 課長補佐 坂井和樹
  • 生産技術室 リーダー 中村政浩
  • 生産技術室 リーダー 魚住友子
  • システム開発室 サブリーダー 前田真一
  • 営業開発部 設計開発課 課長補佐 髙野渉
  • 三重工場 製造課 課長 宮本和典
先輩紹介 現場感覚をもった製品設計を
髙野渉写真1
営業開発部
設計開発課 課長補佐
我々設計は、新製品開発の場合、製品強度や形状、
施工方法、部材よってはメンテナンス・リサイクル性への
配慮にまで及んだ製品づくりを進めております。
弊社の場合、常に製品のアップグレードを行ったり、
顧客が抱える課題を新製品でソリューション提供を行うことが
多いため、一年中フル稼働で開発・改良に取り組んでいます。
設計は社内にこもりがちと思われるかもしれませんが、
製品アイデアを追及するために、かなりの頻度で
施工現場に日々足を運んでいます。
目で確かめ、現場の意見をとりいれることで、
更に製品の精度を高めていこうと努力を続けています。
改良のヒントは施工現場に
髙野渉写真2 自分が設計開発した製品が、現場でどう役に立っているのか。
施工現場に直接伺い、それをしっかり自分の目で
確かめることを心掛けています。
製品の強度はもちろんですが、施工にあたる方が、
扱いやすいものになっているのか、そんな点も
設計・商品開発に盛り込んでいきたいのです。
もっとブラッシュアップさせてシンプルなものにしよう、
軽量化させてみようといったアイデアは、現場で施工されている
シーンを見る事で生まれてくるんです。
施工現場で発見するちょっとした動き、施工シーン、
働く人たちの顔、スピードや完成度など、
そういったものすべてを吸収して、製品の機能や形状、
そして新しい製品づくりにしっかりとフィードバック
していけることが、私たち製品開発していく立場の人間の
責務だと私たちは考えています。
技術開発力 提案力 品質力 人材力 工夫力