奥地建産株式会社

サンキャッチャーシリーズの特徴

Features

屋根にやさしく腐食に強い。優れた施工性を持つ太陽光発電架台

従来の太陽光モジュール架台は、点で設置されているために風荷重や積雪荷重等を屋根材に局所的なストレスを受けている状態でした。当社が開発した太陽光発電、太陽電池の架台「サンキャッチャー」は、屋根材への局所的なストレスを屋根全体に均等に分散できるため、屋根材への負担軽減や補剛効果を実現し、長寿命化に寄与できます。屋根にやさしく腐食に強い、産業用の太陽光発電架台として「初」の20年保証を実現しました。また、架台の製造・供給のみに留まらず、常にユーザー視点を考慮し顧客価値創造企業としてお客様のニーズに応じた架台の提供や最適なシステムの一貫提供も視野に入れた研究・開発を行っております。さらには、架台提供後の追跡機能の確立に力を注ぎ、架台が何時、何処で、誰が、どのように製造したかを勿論、材料の仕入れ先に至るまで簡単にお調べいただけるようにしております。

産業用架台では業界初の20年保証を実現。
なぜOKUJIだけができるのでしょうか。

最新鋭の検査機器や研究・分析機器を完備し、日々研究や技術開発に取り組んでいます。

PVシステムの一般的な耐用年数は、電力の買取期間である20年と言われています。
モジュールを支える架台の20年間にわたる設置には、様々なリスクをはらんでいます。主に、風雨、湿気、海塩が原因となる、金属素材の錆びによる腐食、また強風や積雪による負荷から屋根を守ることも必要です。
当社は太陽光発電システムは社会インフラであるという視点をもち、20年以上の寿命を持つ、安心して導入してただける製品をお届けするため、素材や環境リスクの徹底的な実証が可能な研究開発体制を整えています。

私たちのものづくりは、"奥地研究所"からはじまります。

最新鋭の検査機器や研究・分析機器を完備し、日々研究や技術開発に取り組んでいます。

業界の新基準・新規格となる技術を生み出すには、素材の徹底解析とそれを生かす技術開発力が不可欠です。当社は大手企業の研究所と同等の分析機器や検査機器を取りそろえ、必要とされる試験および評価をスピーディに行える体制を整えています。また、国内はもちろん海外の大学とも産学連携を推し進めており、10年・20年先と長期的な視野に立った研究や技術開発を行っています。

研究開発ページはこちら

独自の支持構造と優れた施工性
サンキャッチャーシリーズの3大特徴

屋根全体で負荷を分散する
独自の支持構造。

従来の太陽光発電システム架台は「点」で設置されているため、風荷重や積雪荷重などが屋根材に局所的にかかって大きなストレスとなっていました。サンキャッチャーシリーズはこの局所的ストレスを屋根材全体へ均等に分散できる独自のレール式支持構造のため、台風などの強風圧にも大幅に強くなり、長年にわたって安定したシステム環境を実現します。  

独自のレール式構造

屋根上のみで作業が完結する
すぐれた施工性。

サンキャッチャーシリーズの大きな特長のひとつが施工性です。他社の太陽光発電システム架台の多くは屋根裏からの面倒な取り付け作業を必要としますが、サンキャッチャーシリーズならすべての取り付け作業が屋根上のみで完結。工期の大幅な短縮にもつながります。

屋根上のみで作業が完結する優れた施工性

レール式支持構造のため
作業工程をシンプル化。

独自のレール式支持構造は屋根材への負荷分散だけでなく、作業工程のシンプル化というメリットも生み出します。従来の「点」による支持構造では太陽光パネルの位置決めの後に仮止め作業を必要としましたが、レール式支持構造は特定位置への固定が不要なため、太陽光パネルの位置が決まればすぐに固定作業へ入ることが可能です。

屋根上のみで作業が完結する優れた施工性

OKUJIの産業用太陽光発電システム架台 sun catcherシリーズ